Palm&Music User Group
We Love PalmDevice & Music♪


palmware for musician
Palm/ワークパッドと一緒に音楽するためのソフトウェア

miniMusic NotePad v1.1.1

→ 「早わかり」(解説のダイジェスト版)はこちら

目次


(1) 概要:製品版とデモ版の違いなど

 miniMusic社のNotePadは、下の画面をみていただけると一目瞭然かと思いますが、五線譜・鍵盤などを使ったPalm用の作曲・演奏ソフトです。また、Palmを外部MIDI音源に接続した場合、NotePadを簡易シーケンサとして利用することもできます。

 miniMusic NotePadは、$29.95のシェアウェアです。Palmgear.comなどで登録・購入できます。

 また、デモ版(NoteDemo)が配布されています。ほとんどの機能は正式版と同等ですし、PDFマニュアルも、製品版と同じものが入っています。購入前にじっくり試してみてください。

デモ版では、曲の保存、赤外線送信、コンジットによるデスクトップへの書き出しができません。制限はこれだけです。


デモ版は画面下に表示が出ます。


こちらは製品版。


 製品版、かなりの数のサンプルデータが附属いています。プログラム本体とともに、同梱の「MusicDB.pdb」をインストールしておくと、ソフト起動時に、次のように、サンプルを一覧することができます。

スクリーンショットは、v1.0のものとv1.1のものが混在してしまっています。ご了承下さい。

 そしてこれが、製品版 NotePadの実際の画面。サンプルの「Green Slv's」を開いたところです。

 左から「五線譜」、「鍵盤」、「ピアノロール」。右下のアイコンをタップすることで、各表示をワンタッチで切り替えることができます。



 そしてこちらは、デモ版。サンプル曲は入っていないので、自力で入力しましょう。



 miniMusicサイトには、NotePadと一緒に使うユーティリティもいくつか公開されています。

  • NotePadConduit PPC
     NotePadの曲データを母艦にMIDIファイルとして書き出すコンジット(Mac PowerPC以上)

  • miniAlarm ver.0.1
     NotePadの曲データをアラームに追加するユーティリティ

 また、NotePadは、クリエT/NRシリーズのFM音源やVisor用のMIDIモジュールBeatPlus、PalmV用のMIDI音源 Tsunamidi、PalmIII用のMIDI音源 SG20、そしてその他シリアル経由での一般のMIDI機器との接続にも対応しています。(BeatPlus使用時でも、特別なドライバなどは必要ありません。)

 メニューから、「Option」→「Preferences」と進んで、設定画面を開き、

 画面下の「Play to:」のリストから「BeatPlus」を選択するだけです。この画面で、BeatPlusのボリュームも設定できます。

 また、MIDI音源の機能を活かして、楽器の音色を自由にかえることができます。

 楽譜画面の右上、音符が並んだツールバーの一番右の数字部分をタップ、

←ここ

 すると、下のような声部設定ウィンドウでてくるので、ここで、各パート(左上の「1〜4」)ごとに、楽器(MIDI Instruments)を選びます。

(2) 音符の入力

 では、実際の入力例をご紹介します。

 「きらきら星」です。
 モーツァルトがこの旋律をもとにピアノのための変奏曲を書いたことでも知られています。
 (そして我が日本のPalmコミュニティにとっては、傑作ゲームTapStepMusicの最初の曲……。)

 この曲を最初の例に取り上げることにしました。

 音符を入れるには、まず、右上のパレットから音符の長さを選んでおいて、五線をタップ。
 「きらきら星」は、全部4分音符(休符)ですから、最初に一回「4分音符」選んで

 あとは、「ド ド ソ ソ」と、五線上を順番にタップするだけです。

 PC上の楽譜ソフトなどでおなじみの入力方法です。

(3) 音程の修正

 ただ、Palmは画面が小さいので、五線上を正確にタップするのは、ちょっとつらいかもしれません。


 すぐ、こんな風に失敗してしまいます。

 「ド ド ソ 」が、 「ド ド ソ 」になってしまいました。

 でも、ご安心ください。NotePadは、音符の高さや長さを、とても簡単に修正できます。

 音符を入力した直後なら、「上」「下」のハードボタンを押す度に、音符の音程が半音ずつスライドします。

「下」ボタン
を1回押す

「下」ボタン
をもう1回

 これで、音符の訂正ができました。

 こんな風にあとの修正は簡単ですから、あまり神経質にならずに、どんどん入力していきましょう。

 ハードボタンとスタイラス操作を組み合わせた独自のシステムは、慣れれば、相当素早く音符を入力できるようになると思います。

(4) 休符の入力

 ……というわけで、最後までたどりつかれましたでしょうか?




 では、もうひと仕事。休符の入力です。

 楽譜を見ていただくとおわかりのように、「きらきら星」の最後は、「4分休符」で終わっています。

 休符を入力するには、右上のパレットで、「同じ長さの音符」+「休符マーク」を選んで、

 五線上をタップします。

 お疲れさまでした。これで「きらきら星」は完成です。

(5) 曲の再生

 1曲入力できたところで、全体を聞いてみましょう。

 内蔵スピーカーで再生する場合は、画面左下の「play」ボタンを押すだけ。

 外部MIDI音源に接続できる方は、「Menu」→「Preferences」で、「Midi」をチェックして出力先を切り替えてください。接続に問題なければ、デモ版でも、これでMIDI出力が可能なはずです。(注)

 また、ご覧のように、曲名の入力や、テンポの変更も「Preferences」です。適宜、利用しましょう。

[応用問題](1)

 ……なんて大げさなものではなく、単に、全部の解説を書くのが大変だから、手抜きをしているだけです。ごめんなさい。

 ピアノ鍵盤を表示した状態でも、上の五線譜表示画面と、ほぼ同じ要領で音符の入力・修正ができます。

 miniPianoの画面上半分の五線は表示専用。入力は、すべて下の鍵盤から行います。
 「上下」ボタンによる音程の修正は、miniPianoでも有効です。

 鍵盤の方が、五線より使いやすいという方は、是非、こちらを使った入力にも挑戦してみてください。

(6) 音符の編集

 NotePadには、「複写(Copy)」「切り取り(Cut)」「張り付け(Paste)」「削除(Clear)」などの編集機能があります。

 単独の音符を編集する場合は、

  1. 画面右上のツールバーの矢印マークをタップ、反転させてから、

     

  2. 五線譜上の操作したい音符をタップします。

    すると、下のように、音符の上に「▼」マークが移動するはず。このマークは選択状態の印です。

  3. あとは「Menu」→「Edit」からご希望の操作を選択してください。

 複数の音符をまとめて操作する場合には、

  1. 矢印マークをタップ・反転させてから、

     

  2. 選択したい最初の音符から最後の音符までスタイラスをドラッグします。

    すると、このように最初の音符に「▼」、最後の音符に「▽」が表示されます。これが複数の音符を選択している印。

  3. あとは「Menu」→「Edit」からご希望の操作を選択してください。

 複数の音符の選択(スタイラスのドラッグ)は、次に説明する三連符の入力に必要になります。

(7) 色々な音符の入力(調号・付点音符・三連符など)

 ここまでの情報で、一応、五線譜に音符を置くやり方は、おわかりいただけたかと思います。

 復習しますと、

  1. 右上のパレット()から音符を選ぶ

  2. 五線上をタップ

 パレット上に描いてある音符は、どれもこの要領で五線上に置くことができます。

 もう、エルガーの「威風堂々」だって入力できます。




 また、ハ長調以外の曲を入力する時は、「Preferences」で調号(Key Signature)を設定します。

これで、黒鍵ばかりを使う曲(何の曲かわかりますか?)でも大丈夫。




 では、付点音符は、どうすればいいでしょう。

 例えば、「きらきら星」を次のように書き換えるには、どうしたらいいでしょう。

 前回掲載したものと、ほとんど同じですが、問題は最後から2小節目。

 さあどうしましょう?

 実は、NotePadでは、Graffitiエリアに横棒(文字通り、左から右へスタイラスを横一直線に滑らせる、以下「-->」と表記します)を描くことで、音符の長さを1段階(16分音符1つ分)ずつ伸ばすことができます。

-->

-->

-->

-->

 逆向きの横棒(右から左へスタイラスを横一直線に滑らせる、以下「<--」と表記します)を描くと、音符が1段階(16分音符1つ分)ずつ短くなります。

<--

<--

<--

 付点音符の入力には、この機能を利用します。

 上の「きらきら星」で言うと、まず8分音符を入力してから、

-->

横一直線「-->」を1回描いて、8+16分音符=付点8分音符を作ります。

 あとは、普通に16分音符と4分音符、4分休符を入力して完成です。


 また、三連符の入力も可能です。

 しつこいですが、また「きらきら星」^^;)

 最後の2小節に今度は16分音符の三連符の装飾を付け加えてみます。

入力手順は、

  1. 普通の16分音符で「ミレド」と入力してから……、

  2. その16分音符を選択(先頭の音符から最後の音符に向かってドラッグ)、

  3. 「Menu」→「Edit」から一番下の「Triplet」を選ぶと……、

  4. 三連符の出来上がりです。

 あとは普通に付点音符、16分音符……と入力してください。

[リズムの総合練習]

 以上で、デモ版miniScore(miniPiano)でできることは、ほぼご説明できたのではないかと思います。

 まとめとして、「ファランドール」の入力例を掲載してみました。是非、挑戦してみてください。



//



//





(8) 4声の入力と再生

 NotePadでは4声の入力と再生ができます(再生には、外部MIDI音源が必要です)。

 「きらきら星」に伴奏をつけてみましょう。

 まずメロディパート。同じ作業を繰り返すのは退屈なので、今度は、「ピアノ表示」(miniPianoに相当する画面)を使うことにしましょう。


 「3」と書かれた鍵盤が五線譜の真ん中の「ド」。この曲の最初の音は、そのオクターヴ上の「4」と書かれた鍵盤になります。あとは順番に「ド ド ソ ソ ……」。同じ長さの音符が続く場合は、ピアノ鍵盤での入力は快適です。

 ただし、ピアノ鍵盤表示では、臨時記号(# b)が表示されません。五線譜モードと状況に応じて使い分けましょう。

 そしていよいよ伴奏パートの入力。

 まずパートを切り替えます。

 画面の右上端の数字が現在編集中のパート番号。デフォルトでは「1」になっているはずです。

 

 この数字部分をタップするとパート設定のウィンドウが開きます。

 ここでパートの切り替え(左上の「1234」)や、各パートの名称(右上)、MIDI出力時のチャンネルと楽器番号の指定ができます。

 忘れないうちに、「1」番パートに「Melody」と名前を入れておきましょう。

 そして伴奏入力のために、「4」番パートをタップ。

 

 「Bass」と名前を入力して、MIDIチャンネルを「4」にしてみました。

 このあたりの設定は、利用するMIDI音源にあわせて設定してください。

 ここまでの設定を済ませて「OK」を押すと、「4」番パートの編集画面に切り替わります。

 右上の数字が「4」に変わっていますね。

 まだ何も入力していないので、画面は白紙です。

お好みで、別のパートを同時に表示させることもできます。

「Menu」→「Preferences」で

「Show 4 Voices」をチェックしてください。

これで、メロディが表示されました。

 では、伴奏パートを実際に入力してみましょう。

 最初の「ド」は、「2」と書かれた鍵盤、

 鍵盤上に「3」や「4」しか見えない場合は、鍵盤左の三角マークをタップして、鍵盤をスライドさせてください。

 次の「ド」は「3」の鍵盤です。

 以下、同じ要領で最後まで入力してしまいましょう。


 メロディの再生方法は、単声の場合と同じです。内蔵スピーカーでは、1パートずつしか再生できません。是非、外部音源につないで、パームの和音演奏をお楽しみください。(内蔵スピーカーと外部MIDI音源の切り替えは「Preferences」です。)

 上に掲げた「きらきら星」の楽譜は、モーツァルトによる「きらきら星」変奏曲とまったく同じです。GM対応音源をお持ちの方は、楽器を「1」(Grand Piano)、テンポを「80」程度にすると、原曲のイメージに近い演奏になると思います。また楽器の組み合わせを変えて、例えば「フルート」(74)と「弦のピチカート」(46)などを試してみるのも面白いかもしれませんね。

[応用課題](2)

 別ページにビゼー《ファランドール》を4声体にまとめた楽譜を掲載しています。ここまでのまとめに使ってください。

♪ファランドールの楽譜♪

(9) 和音の入力

 NotePadは、v1.1になって和音の入力ができるようになりました。

 例えば、まず「ド」の音を入力、

 この音符の真上の「ミ」の位置をタップすると、

こんな風に和音ができあがります。

BeatPlusなどの外部音源を接続して「Play」を押せば、ちゃんと和音が鳴ります。

 同じ要領で、「ソ」、「ド」を追加。

 すごく便利で嬉しい機能です。

 この機能を使うと、例えば、こんなことができるようになります。

 まず、メロディを入力して、

 右上の「数字」をタップ、声部設定ウィンドウで、パートを「2」に切り替えて、

 第2パートに和音を入力。

 「Option」→「Preferences」で設定画面を開き、中央左寄りの「Show 4 Voices(4声を表示)」をチェックすると、

 右の画像のように、メロディ(第1パート)と伴奏(第2パート)をまとめて見ることができます。

(10) パーカッションの入力

 前節の続きです。もうひと頑張りして、上の曲に、パーカッションパートを付け加えてみましょう。

 右上の「数字」をタップ、声部設定ウィンドウで、パートを「3」に切り替えます。

 そして、パーカッションを使いたい時は、上の画像のように、「MIDI Channel:」を「10」に設定します。

 ここで「OK」を選ぶと、第3パートの楽譜が開きます。

 「Chanel: 10」はパーカッション専用になっていて、各音高に別の打楽器が割り付けられています。

 例えば、上の楽譜は、1拍目=トライアングル+バスドラム、2拍目=シンバル、3拍目=トライアングル、4拍目=シンバルです。

 これで「Play」を押せば、打楽器の入り、学芸会風「むすんでひらいて」の出来上がりです。

 パーカッションに関する上の説明は、GM(GeneralMIDI)対応音源を使った場合です。多くのDTM音源やPalm/Visor用のTsunamidi、BeatPlusもGM対応なので、上のやり方でパーカッションを使えるようになります。

 ちなみに、どの音高にどの打楽器を割り付けるかということも、GM規格で決まっています。MIDI解説書を見ると、対応表が載っていると思います。

 また、NotePadを使って、パーカッションの音を確認することもできます。
 まず、画面右下の鍵盤のアイコンをタップして、「ピアノ鍵盤表示」に切り替えます。

 ここで、ピアノ鍵盤の上「Transcribe」(変換)の左のボックスのチェックが外れている状態にしてください。
 この状態だと、鍵盤をタップして音を鳴らしても、上の楽譜に影響を与えません。思う存分、音を試してみてください。

(11) Graffitiショートカット

 NotePadv1.1から、Graffitiエリアに「A-G」のアルファベットを書くことで、音符を入力できるようになりました。

 アルファベットと音の対応は次の通りです。

 例えば、右上のパレットで「4分音符」を選んでから、

c d e f e d c

 とGraffitiエリアに入力すると、


「c d e f」



「e d c」

 「ドレミファ ミレド」が入ります。同じ長さの音符が続く場合は、とても高速に入力できて快適です。

 また、一旦、入力した音符の長さや高さを変更する方法も色々と用意されています。

「x」 …… 音符の削除(「×」ということ?)
↑↓ …… 音符の高さを半音上げる
↓↑ …… 音符の高さを半音下げる。
…… 音符の長さを16音符分短くする
…… 音符の長さを16音符分長くする

音の高さは、「上下」ハードボタンで変化させることもできます。

 あと、上の画像にはないですが、

タップ+↑ …… 音符の高さを1オクターブ上げる。
タップ+↓ …… 音符の高さを1オクターブ下げる。

 という「技」もあります。

オクターヴ移動のコマンドは、「音-Palm!」掲示板のHydeさんの書き込みを見て気づきました。マニュアルにあったのに、見落としていました。ご指摘ありがとうございます!

 やってみましょう。まず、五線譜左下の「矢印」マークを反転させて、「範囲選択モード」にしてから、

 編集したい音符をタップします。下の画像の場合は、最初の「ド」を選択。音符の上に「▼」マークがついているのがおわかりいただけますか?

 この状態で、Graffitiエリアに「タップ+↑」と書くと、

 「ド」の音がオクターブ上に移動しました。

 ついでに、(v1.0の頃からあった機能ですが……)音符の長さも変えてみましょう。「→」を2回書いて、

 付点4分音符に変更。

 今度は、同じ要領で、次の「レ」をオクターヴ高い8分音符に変えてみましょう。

 やり方は、「レ」を選択してから、「タップ+↑」、そして「←」を2回となります。

 NotePadには、他にも色々なGraffitiコマンドが用意されています。(詳しくは、PDFマニュアルのP.11をご覧下さい。)

「p」 …… 曲の再生(playの略?)
「s」 …… 選択した範囲を再生(selectの略?)
「p」 …… ループ演奏(loopの略?)

 また、v1.1では、数字「1〜3」で声部の切り替えがワンタッチでできるようになっています。

「1〜4」 …… 指定された声部を開く
「v」 …… 他のパートの表示・非表示の切り替え

(12) デスクトップへのデータ書き出し(NotePadコンジット)

 miniMusic社NotePad v1.1.1のデータを、PC/Macに書き出すコンジットを公開しています。

 パーム上でNotePad v1.1.1を使って作成した曲データを、HotSyncの時に母艦にMIDIファイルの形で書き出してくれます。

 パーム上で、曲のアイデアをささっとメモしておいて、母艦上の音楽ソフトで加工・仕上げ、という段取りを想定しているようです。とてもパームらしい母艦との役割分担・連携方法なのではないでしょうか。

 書き出せるのは、残念ながら、NotePad正式版のデータだけです。デモ版データの書き出しはできません。

 マック版、Windows版ともに、最近リリースされたNotePad v1.1.1に対応しています。(和音もきちんと書き出してくれます。)

 インストール方法は非常に簡単。

 以下、私自身が確認できたWindows版についてのお話です。

 ダウンロードした実行ファイルをダブルクリックで、お馴染みのインストーラが起動します。特に迷う場面もなく「OK」の連打で導入作業は完了すると思います。

 インストールに成功すると、HotSyncマネージャーの「動作設定...(Custom)」ウィンドウに「Mini Music Conduit」という項目が出来ます。

 データの書き出しは、HotSync時に自動的に行われて……、

 こんな風に「Syncronizing Mini Music Counduit」の表示が出ます。

 ユーザー名のフォルダの中に、自動的に、「NotePad Songs」というフォルダが作られて、そこにMIDIファイルが書き出されます。

「ユーザー名のフォルダ」は、PalmDesktopをインストールしたフォルダの中です。

 注意しなければいけないのは、

初回(コンジット導入直後のHotSync)のみ全曲を書き出してくれる

 ということ。

2回以後のHotSyncは、新規or更新データのみの書き出し

 です。

 例えば、2台以上の母艦とHotSyncしていて、それぞれにコンジットを導入したりすると、データが2台の母艦にばらけることになってしまいますから、ご注意下さい。

[BACK]