どーすんだよぉぉぉ!こんなもの!

1999/01/22 SoftWindows98(5)

1999/01/21 SoftWindows98(4)

1999/01/20 SoftWindows98(3)

1999/01/19 SoftWindows98(2)

1999/01/17 SoftWindows98(1)

1999/01/16 Touch me(or Mac)

1999/01/10 メニューへの階段

1999/01/08 羊は安らかに果物を喰み


2002/03 02 2002/01 2001/12 11 10 09 08 07 06 05 04 03(さぼりました) 02 01 2000/12 11 10 09 08 07  06 05 04 03 02 01 1999/12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 1998/12 11 10 09 08 07 06 05 04 
1999/01/22

って、サポートセンターへ情報提供を兼ねて、SCSI-CDのマウント方法を確認してみたら、「そうです」って、一言で終わってもぉたぁぁ!

をひをひ、解ってたんやったら、説明書に書いたらんかいね。

FDがSoftWindows上にマウントせぇへんのは、どうやら、Hollyだけの現象のようで解決策なし。PBで2,3例報告が有るらしい。

マニュアルの改訂はお願いしたけど、熱意無さそう。 何とかしてぇや→サポートの田中さん。

大丈夫か?HollyはSoftWindowsのユーザで居続けてええんか?

Windowsと同じでまぬぅなレベルでええねんけど、SoftWindowsは育ってほしい。
できたら、VVin2000を越えるヤツなら最高やね。


1999/01/21

と思ったが、1個発見。

SCSI-CDが読める! やっぱりATAPI-CDはアカンよぉなったけど。(^^ゞ

「スタート」→「設定」→「コントロールパネル」→「システム」,「システムのプロパティ」→「デバイスマネージャ」→「Insignia SCSI Adaptor」のプロパティ→「リソース」の「自動設定を使う」をチェックにする。

なんか知らんけど、時々、SCSI接続したMOとかが読めん。そやけどこれで実用上は、全く問題なくなった。

とにかく、マニュアルをもう1回見直して、なんとかしてくれ! 間違い、説明不足、誤植、多すぎるぞ→三菱商事!

SoftWindowsで、マニュアルはアテにすんなよ!


1999/01/20

まだ続くSoftWindowsの話し。

実は、課長がPowerBookG3/300を買ったのは、Hollyともう一人の係長が完璧Mac派なので、Macに関わることだと何とでもできるのであるが、VVinだったりしたら、解ってても「知らない」で済ましてしまうからやねん。

で、その課長が、先日、自慢げにIKESHOPで特価で買ったPBG3/300を見せびらかした。(そら、50万もするMacじゃ自慢したなる)

Mac版のMS-officeをインストールした後で、SoftWindowsをインストールしようとしたら、2枚目のCDを入れたところで、インストールでけへん。 Hollyと同じ現象や。

翌日、前に買ったCDドライブを使ってインストールしようとしたら、今回はダメだった。

結局、課長はその夜自宅に帰り、そのままHDDにコピーして、インストール完了。(ここで、製品に対する信頼度10pointダウン)

夜になって、課長から「一太郎がインストールできひん」と泣きの電話が入るがどうすることもできず。

翌週、なんとか一太郎がインストールできたらしくこの段階で、LBP-720(レーザプリンタ)のVVin用プリンタドライバをインストール。説明書にあるとおりにLBP-720を‘標準で使うプリンタ’に指定する。

会社のLBP-720に印刷しようとするが、生のpostscript?がプリントアウトされる。

ここで、SoftWindowsのサポートに電話してみて、1/19の話が解った。 なんてこったい!

 

簡単にinternet接続する方法っていうのは、‘com1:’ポートを‘なし’にすることやった。

Hollyの現状は、

とりあえず、この項終了。


1999/01/19

前回の続き。

いろいろやってみたら、SoftWindowsの‘WIN98DATA’のCDだけは、読んでくれた。

それでも、VVinフォーマットのCDも、MacとVVinのハイブリッドCDは全く読まへんので、状況は変わらん。

再起動しようが、リセットしようが、読まへん。

たぁぁぁぁ!くそぉぉぉぉぉ!ババ掴んだぁぁぁぁぁ!

諦めて、internet接続を試みる。普通に起動すると、IEのアイコンをダブルクリックした段階で、すでにハングしているので、MacへPPP接続をする情報が行って無いものと考えてみた。

色々悩んだ挙げ句、Mac側で、インターネットへの接続をして、その後起動してみた。

・・・お! いけた!

どうやら、そういうことらしい。原因も不確かだし、説明書には書いて無いことなのだが、とりあえず接続はできた。(後日、もっと簡単に解決したが、説明書には書いて無い。)

でも相変わらず、FDもCDも読まへん。


てなこったで、この記事書くのに、色々確認したり、サポートに電話してたりしたら、いきなり「正解」が飛び出してきた。

NIFTY-serveのFMACUSの6番会議室にSCSI-CDの問題を解決した例があった。

しかし、正式回答は上記の通りであった。

現在、どのような対処ができるか、返品も含めて、検討を依頼中。


1999/01/17

HollyのMacは、G3 MT 300(初期型。SCSIボードが入って、HDDはUWの4.3Gが入ってた)さらに、メモリを128M足して、4.3GのHDDを追加して、外部SCSIに640M MOとCD-Rがついてる。ちゅーこっちゃで、今回の話。

前に、SoftWindows買ぉてん。

インストールからコケた。SoftWindowsはCD2枚組やねんけど、「2枚目、突っ込んだれや」という表示で2枚目入れたった。
そやけど、「2枚目、突っ込んだれや」しか出てくれへん。
再起動して、同じことを何遍も繰り返して、同じ結果。
気を取り直して、CD-Rに2枚目のCDを入れたら、うまいことにインストールが完了した。

そやけど、ここで終わらんところが、SoftになってもVVindowsのエエところ。

ゲームとかwordpadは使えたんやけど、CD読まへん。FD読まへん。ネットに繋がらん。

諦めて、ソリティアも触らずに、SoftWindowsを捨てる。・・・最初の回と同じヒキやん! 


ばかである。

3Dとやらで、少し遊びたくなって、入門ソフト(そんなこたねぇ)のiShadeを買ぉた。・・・間違えた。

my Shadeやってん。

ごめんなさいして、そのお店(大阪Sofmapザウルス館)の人に次の休みの日に交換してもらう。その時ついでに、eTypistのアップデータ買ぅたら、またVVindowsやった。 店員さん、ごめんなさい。(ちゃんとその後交換してもぅた)

でついでに、同じ店で人に頼まれたiMacのUSBとADBを変換するケーブルを店員に聞いたら、「なんすか、それ?そんなの売ってるんすか?」と人を食ったような店員。てめぇ、嫌いや!iMateがあるやろ。本体の利幅が低いんやから、周辺売らな儲からんのに。勉強せぇや。 面倒臭くなったのでそのまま、帰った。

ちなみに検索してみたら、3つもある。

ところで、shadeシリーズは、unix用に‘mine Shade’、Be用に‘me Shade’が発売されるらしい。(嘘)


1999/01/16

最近、上司がPowerBook G3(300MHz)を買った。新しいG3 Macも見た。

PBは、どうも、SoftWindwsがうまくインストールでけんので(後日まとめて書くつもり)、Hollyにお鉢が回ってきた。

PB G3。触って一番に気付いたこと。ノートパソコンは、後ろがtilt upしないと使いにくいのに、足が出てけぇへんやん。クリックボタン?が相も変わらず、キーボードと同じ面に同じ高さにある。
片手でポインタとクリックをしにくい。ヤな意味で、VVin機に近付いた。

そやけど、ノートで300MHzはすごいわ!しかも、VVinにフロッピーより必須条件の扇風機が無いんが洒落たぁる。・・・有ったかも知れんけど、HDDの方が五月蝿いくらいやった。

新しいG3。 ・・・空間利用率悪そう。 横から見たら、「青いおざぶ」。・・・会社に導入したら、雰囲気浮いてまうやろなぁ。
リムーバブルメディアが、1個しか増設でけへん。HDDは、ぎょうさん載っけられるらしいけど。
MOかCD-RかZip(嫌い)のどれか1個しか増設でけへん。iMacの時みたいに、似合うデザインのドライブが発売されて、Macユーザ(含む 予備軍)の為の製品が大量に発売されたらエエけど、ユーザの軍資金を浪費させてしまわへんか?せめて、もう1個リムーバブル用ベイが入ってたらなぁ。
FDDない。確かに、今のMacやったら、FDDはメインシステムに関わる割合いは極端に引くいんやけど、電線で繋がってへんVVin機とは最後の手段やねんし。(Hollyの周りの人たちだけの話やねんけど、VVin機使ぅてる人は、大容量メディアに無関心やし、ネット接続できる人間も極端に少ないねん。)せやから、フロッピーだけは残しといて欲しかったなぁ。

DVD内蔵仕様モデルは、G3以前のモデルを持ってて、拡張性をあんまり問わへんユーザにはチョーーーお買得マシンやね。


1999/01/10

VVindowsに、‘スタート(インターネットを意識したOSのクセに、半角カタカナ)’ってあるやん。よぉ、Macの‘Apple menu’に相当するモンやって説明のん。

全然ちゃうやん。

VVindows
Macintosh

メニューにセットする方法

‘スタート’から‘タスクバーと[スタート]メニュー(T)’を選んで、そこから、登録やら削除やらをする。

アプリケーションなり、エイリアスなり、書類なりをシステムホルダーのアップルメニューfolderに放り込んでしまう。消す時は、folderから出す。

階層の途中

セットしたモン以外は絶対にダメ! 基本的にファイル管理の根幹に関わるので、よほど回りくどい手法を用いない限りは、永遠に無理

どこのfolderでも開けまっせ! HFS様様やね。

マネすんのはかまへんけど、まったくちゃうコンセプトにするか、元から有る奴を越えたりぃな。

ま、そんな中途半端がM Sのウリなんやから、しゃぁないか。


1999/01/08

‘悲劇のMac’と字されるMacintosh IIvxは、Hollyが初めて買ったMacやった。新しいCentrisシリーズが発表されるまで思いきり短かってん。

1998年8月iMac発売・・・1999年1月iMac 2nd発表

‘iMac 1st’を買った人が、悔しい思いをしませんように。

Appleさん、自分達が買ったから、‘iMac 2nd’が出たんだと思わせるような方策を練ってあげて下さい。

(1999/01/15追記)

原田オヤジは、「『自分達が買ったから、‘iMac 2nd’が出たんだ』と思ってくれ」って言うたらしいけど、思ぅてくれって言うより、思わせる方策を練るんがアップルちゃんかいな。

今のiMacを新しいiMacと同じ色にするupgrage(?) キャンペーンでもしてあげてぇな。

内芝製作所あたりが取り替えカバーを作っても文句言いなや!


トップページを新年用にGIFを1枚付けてアップしたら、なぜだかデータがwebから流れてこない。

少し前に、SAMさんが経験した「サーバ容量がいっぱい」になったのかと思って、古い記録を削除してみた。

すると、ちゃんと落ちてくる。 やっぱりいっぱいになったんかぁ。と思って、すべてのコンテンツをダウンロードしてみたら、4Mもない。全ファイルをupし直しても、落ちてこない。

まだ、JAVA scriptも入れてないのに。どうにもこうにも不思議。

にゃんでやぁぁぁぁぁぁ!!!

 

なんか知らんけど、治りました。


トップページに戻る